住む前にチェックをして気になることはどのように対処しておくといいですか?

新居に入居してからトラブルにならないように住む前に色々チェックを行い、気になる所があれば物件を管理している不動産会社に連絡しましょう。

住む前にチェックしておきたい所とは床、天井、クロスの剥がれやキズ、扉や開閉、畳や襖の状態、クリーニングの状態を確認しておきましょう。

これらに関して気になる所があったら写真を撮っておき、不動産会社に電話をします。http://harndenandhamilton.com/

電話をした日、電話対応をしてくれた担当者の名前、話した内容をメモにとっておけば、言った・言わない・聞いていない、というようなトラブルを防ぐことができ、書面で依頼することも有効です。

入居前に気になる所を修繕してもらうのは新しく入居する者にとって当然のことです。

築年数が古い物件については新築のようにキレイにはなりませんが、 生活上支障となるような不具合がある場合には貸す側にも直す責任があります。

また入居さる前や入居してすぐに指摘しないと新しく入居した者が壊したとされる事があり、その場合には実費で直すことになるため、住む前に指摘した部分が修繕されているか確認することも必要です。